海外帰国者コロナ対策: 入国後の対応(PCR検査・移動手段)

コロナでの水際対策向けTips
特定地域からの帰国者は帰国後一定期間自宅やホテルなどに待機する必要があります。帰国後の流れに関していろいろ情報が出回ってきだしたので、調査した結果をまとめておきます。特にレンタカーを借りれない人にとっての国内での移動手段についてまとめてあります。

2020/5/1更新: コロナウィルスへの水際対策の一環として特定の地域から日本に帰国した日本人は空港でPCR検査を受診したのちに解放されますが、陰性であった場合でもその後14日間は公共交通機関を利用できない、自宅やホテルなどで待機する必要がある、などの制限があります。海外からの帰国者の対策について調べた結果をまとめていきます。

日本到着~PCR検査結果待ち(2020/5/1更新)

厚生労働省のアナウンスを見ると2020年4月16日現在で、入国処理までに最長6時間、そのあと検査結果を待つのに6時間以上かかるとのこと…

着陸から降機まで、降機から入国までは到着時間帯、乗客数により、最長で6時間近くかかる場合があります。またPCR検査の対象となる方にはお迎えでご自宅へお帰りになる方以外は、検査結果判明まで、検疫所長が指定する待機場所にて待機していただきますので、さらに6時間以上のお時間がかかっております。覚悟の上、ご帰国くださいますよう、お願いいたします。

別のアナウンスを見てもPCR検査結果を待つのに1-2日間かかるとのことでしたが、4月30日時点で検査結果が2日かかることはなさそうです。羽田の場合16時30分頃に到着したLAXからのJAL便の結果は22時30分頃に出て、空港待機が解除されていました。ただ深夜の結果発表はないので、18時以降に到着した便では一晩空港で過ごす可能性が高いです。

成田空港の段ボールベッドの様子も報道されていますが、Twitterなどで新鮮な情報を調べていると段ボールベッドは騒がれているほどでもなくほとんどの人はホテルに入れるように見えます。

羽田では検査時間が短縮されたためか、現状はホテルに案内されることはなく空港のロビーで待つことになります羽田の場合142番搭乗ゲートという一番端っこの待合ロビーをつぶして、待機場所としています。(その日によるかも)

羽田空港の場合成田のような段ボールベッドもなく、遅い時間の便で帰国した場合はベンチで寝ることになります。毛布やお弁当、お茶は出してくれます、食事は夜に1度、朝は9時、10時ごろまで待機しましたが食事は出ませんでした。この間預け入れした荷物は受け取ることができず手荷物だけで過ごすことになります。こうなることを予想したうえで手荷物を準備することをお勧めします。特に朝食は10時に解放されたとしても入国手続きや税関、その後シャトルでの移動を考慮するとお昼頃まで食事をとることができません。
ただ職員の方々の対応は非常に丁寧で素晴らしく、リスクの高い職務についていただいてほんとに感謝です。

下記は4月初旬の情報ですが、ホテルで待機の場合はこのようになるようです。

移動手段の確保(5/1更新)

無事にPCR検査を乗り越えたとしても、次に移動手段を確保する必要があります。厚生労働省から発行されているコロナ対策の一環として、特定地域からの帰国者は帰国後14日間公共交通機関を利用したりすることができません。帰国者に対する情報はこちらを参照してください。

自宅まで自力で帰れる場合はよいですが、自宅が遠方でホテルに泊まらないといけない場合、ホテルまでも公共交通機関無しで到達しなければなりません。公共交通機関の利用に関しては自粛要請とありますが、待機場所や移動方法を申請した書面は公文書扱いとなり、虚偽の申告をした場合は罰せられることがあるとのことです。また検疫所長の指示に従わない場合は検疫法に抵触との見解もあり(参考リンク1リンク2)慎重に行動をとるべきです。

上記のTweetの情報から、羽田空港の場合は、検査結果待ちの待機場所から、羽田空港、品川駅周辺、蒲田駅周辺、川崎駅周辺までは連れて行ってくれるようです。新宿や渋谷はないんですね。成田の場合はどうなんでしょう。

現実的に公共交通機関を利用しないで自宅やホテルまでの移動する手段は下記の3種類だと思います。
1)レンタカー
2) 検疫所(?)運行のバス(羽田の場合)
3) ホテルによる送迎
4) コロナ対策済みハイヤーの利用
5) 徒歩・自転車
これらの手段を自力で確保する必要があります。

レンタカーの探し方

レンタカーの場合は何となくニッポンレンタカーなどでオンライン予約したり、Expedia等の旅行サイトで探せばよいのでそんなに困らないと思います。

検疫所運行のバス

東京検疫所に問い合わせたところ、羽田空港から近隣のホテルまで送迎してくれるバスを出してくれているとのこと。路線が決まっているわけではなく、自分の行き先を伝え、順に回ってくれるとのことです。厳密な送迎範囲は確認できませんでしたが品川駅近辺の主要なホテル(品川プリンスホテル)等であれば問題なく送迎してくれるとのこと。羽田空港周辺、川崎駅、蒲田駅大森駅、品川周辺のホテルであれば送迎してもらえますが、新宿や渋谷などには行ってくれません。上記のような大型観光バスですので、多少荷物が多い場合でも問題ありません。ご利用の場合は、空港からの移動手段の調査票に、「周回バス」と申告し、行き先のホテルを伝えるだけでよいです。小さなホテルの場合は、駅周辺で下車となる場合があるようです。

周回バスの情報はかなり少なく自分も苦労しました。成田や関空がどのようになっているかは確認していませんが、各検疫所の問い合わせ先はこちらにありますので直接問い合わせてみると情報をもらえるかもしれません。(自分は東京検疫所に電話して確認しました)
https://www.forth.go.jp/useful/vaccination05.html

下記の画像の周回バスです。宿泊先のホテルを伝えれば大きなホテルであればホテルまで連れて行ってくれます。小さなホテルでも、川崎(JR,京急)、蒲田(JR,京急)、大森、品川駅までは連れて行ってくれます。

空港送迎付きホテルの探し方

(ホテルの送迎が公共交通機関に当てはまらないのかは未確認です)
空港からホテルへ移動の場合は、送迎付きのホテルをホームページを1件1件見て回るのも大変だと思います。そんなことを考えてたらHotels.comに空港送迎付きホテルの検索機能があることを発見しました。

都市を選んで検索をかけた後に左側の「設備」のメニューの中から「空港送迎」を選択します。

ホテルを選択すると写真の下に「空港送迎」と表示されており、マウスオーバーすると詳細な情報が出てきます。この方法で調べるとかなりのホテルが空港送迎のサービスを行ってることがわかります。まとめサイトなどで、「空港送迎おすすめ10選」など紹介してくれているサイトもありますが、この方法だと羽田周辺で10件以上のホテルが出てきますし、この方法だと成田でも関空でもどこの空港でも使えますね。

帰国者の14日間の自主隔離は 帰国日を0日として翌日から14日間とのこと、つまり到着日から15日間ってことですね。ホテルの予約の際はお気をつけてください。

コロナ対策済みハイヤーの利用

コロナ対策済みの海外帰国者向けのサービスがあります。タクシーよりは高くなりますが、ずっと空港にいるよりは少しでもお金を払って空港から抜け出したいですね。

一般ハイヤーについて

ちなみに一般のハイヤーに関して日本交通に問い合わせたところ、下記のようにお断りされました。国際ハイヤーなども同様に断りの連絡をうけたので、主要なハイヤー会社は配車してくれなさそうです。

せっかくのお問い合わせではございますが、弊社では日本政府・WHOからの指針に則り、海外からの帰国者に関しまして、お迎えに上がることを控えさせていただいております。
帰国される方の公共交通機関の利用制限は十分承知しており、誠に心苦しいですが、上記事情を鑑み、なにとぞご容赦頂きますようお願いいたします。

ホテルについて

ホテルによっては海外からの帰国者に対して厳格な管理をしているホテルもあり、自主隔離期間はホテルの部屋から外出しない、朝食レストランなどの利用も一切できず、バスタオルやシーツの交換も一切なしといったほぼ軟禁状態を要求するホテルもあるようです。実際、ホテルで感染者が出た場合はホテル側にも大きな被害が出るので、当然の処置だと思いますが、この時期に海外から帰国し、直接自宅に帰れない人にはかなり厳しいですね。基本的にはどうしても帰国しないといけない事情がない限りは、極力移動を避けるべきだと思います。

山積みのリネン類、ベッドが1つつぶれてしまってます。(ホテル名等がわからないように小さな画像にしています)

Google Stadia使ってみた in 2020

Google Stadiaの使用感レビュー
初期のレビューでは全く使い物にならないといった評価が多かったですが、今年に入ってアップデートがあったのか、普通にゲームができます。プレイ動画もアップしてますのでご確認ください。

Google StadiaとはGoogleが発売したオンラインゲームサービスです。Stadiaの一番の特徴は本体が不要なこと!コントローラーはありますが、ゲーム自体はすべてクラウド上で処理されてその映像を表示するための端末と操作するためのコントローラーなどデバイスがあればゲームができるという、次世代ゲームシステムです。
Stadiaでゲームがやりたいというよりも、技術的興味から衝動買いしてしまいました。
Stadiaは2019年11月ごろに、特定の地域で先行提供が開始しましたが、サービス開始直後のレビューを見ると結構ひどい感じです。ただ今年に入って大幅なアップデートがあったのか、使用感はかなり満足のいくものです。(当時の使用感のクオリティーを知らないので比較できないですが)、自分の場合はStadia Speed Testの値をモニターしていて、ある日気づいたら100倍ぐらい性能が上がってました。

インターネット回線の速度について

Stadiaはその仕様上、ある程度強力なネット回線が必要です。と言っても10Mbps程度あれば十分なので、そこまで強力な回線は必要ありません。
ただし、購入前にスピードテストをしておいた方が良いです。自分が買った時にはStaedia Speed Testのサイトに気づいてなくて、チェックせずに購入してしまいました。買った後、商品が届くまでの間にこのサイトに気づいてスピードテストをしたら2MBpsとかの結果が出てかなり落ち込みましたが、つい最近Stadiaにアップデートがあったのか、一気に100倍に性能が上がりました。

自分の家のネット回線は600Mbpsの仕様なので2Mbpsは遅すぎと思いましたが、おそらく純粋な回線の性能ではなくStadiaのあるサーバーまでのスピードテストなので、自宅の近くにStadiaサーバーがない場合は性能が悪くなるんだと思います。

Google Storeで購入

Google Storeでハードを購入した後に、Stadia ServiceへのInvitation Codeが送られてきます。 現時点では利用できる地域が限られているせいか、 このInvite CodeがないとStadiaをプレイすることはできません。送られてきたInviteコードは大切に保管しましょう。

Stadiaへのユーザー登録

自分の場合はスマホでアプリをダウンロードし、 自分のGoogle アカウントでStadiaをアクティベートしました。 (現在iphoneアプリは日本のApp Storeからはダウンロードできないようです)

登録の中でInviteコードを入力する必要があります。ですのでアプリだけをダウンロードしても使えないです。

Stadiaサービスプラン

現時点でStadiaのプランはProとBaseの二種類。現時点では強制的にProに入らされますが、最初の3か月は無料なのでProのほうが良いです。Proの場合月々の料金は発生しますが、無料で遊べるゲームが複数あるので、とりあえず最初の3か月はProで無料ゲームから遊んでいきたいと思います。
Baseの場合、月々の料金は発生しませんが、ゲームを購入する必要があります。

いざプレイ

現時点でStadiaのAcgtivateとChromecastとの連携にiOSアプリを使用することはできますが、iOSアプリでゲームをすることはできないです。ゲームをするにはChromecastでテレビに映すか、PCでプレイする必要があります。Androidユーザの場合は Pixel 2, Pixel 3, Pixel 3a, and Pixel 4 ならスマホでプレイできるようです。(自分のNexus 6では動かず…)
スマホ用のChromeでPC用のサイト表示をすればゲームができそうですが、コントローラーが有線接続でないと使えないので、現実的には厳しいです。

Stadia使用感 (Tomb Raider)

ここまで、プレイする前の前置きがながくなりましたが、実際にプレイした様子をキャプチャしたのでアップしておきます。

音声がブチブチなっていますが、これはどちらかというとPCのスペックが低くてPCで動画でキャプチャするのに追いついてない感じです。キャプチャしない場合はけっこうスムーズに動いています。 初期のレビューでStadiaは使い物にならないという評価もありましたが、今現在ではかなり改善されていると思います。

Stadiaでキャプチャ

ゲームの動画はStadia自身でキャプチャできます。コントローラー上のキャプチャボタンを1秒間長押しするだけです。ただ30秒限定なのと、撮った動画はStadiaアプリで見ることはできますが、アップロードしたりダウンロードしたりはできないようです。仕方がないので、iPhoneでStadia動画を再生してiPhone自身をキャプチャするという方法で動画をとっています。ちなみにキャプチャした動画をiPhoneで見る場合、Stadiaアプリが横画面に対応してないので、縦長動画になってしまってます…
こういう細かいところも今後改善されていくんだと思います。

Stadia Controller

Chromecastでプレイする場合、StadiaのControllerはBluetoothでつながるのかと思いきや、Wifi接続です。Controllerの操作内容をWifiでサーバーに直接飛ばします。確かにその方式のほうがロスが少なくなりますね。

PCでの利用

PCで遊ぶ場合、StadiaのコントローラーはUSBケーブルで接続する必要があります。これはかなりイマイチです…

まとめ

プラス
ヘビーなユーザーにはどうかわからないが、普通にゲームを楽しむ分には十分動き、ストレスなく使える。
現時点ではとりあえず3か月は無料で遊べる。
ガジェット好きには技術的興味をくすぶる商品。今後の可能性は感じる。
マイナス
ゲームのコンソール不要とうたう割に、コントローラーとChromecastでけっこういい値段になる…
スマホにアプリを入れないといけない割にほとんどのスマホではゲームができない。(スマホアプリの役割はChromecastでStadiaを起動することとキャプチャした画像、動画の参照くらい)
PCで遊ぶ場合はコントローラーを有線接続しないといけない。
ゲームの価格は特に安くもない。
“Play when you want, where you want with Stadia Premiere Edition.”(いつでもどこでもゲームしよう)とうたっているが、現時点ではNintendo Switchを持ち歩く方がいつでもどこでもゲームできると思う。

カナダでの家探しと学区問題

アメリカ学区問題

アメリカの公立の小学校は住んでいる地域によりどの学校に通うか定められています。これだけ聞くと日本も同じで普通に聞こえますが、アメリカの場合は公立の学校であっても、学校の予算、教員の質、教員の数、授業時間(予算や教員の数に連動)が変わってきます。当然みんな学校のいい地区に住みたくなるのですが、当たり前のように学校のいい地区の住宅の相場は高くなります。アメリカの場合公立の学校であってもお金を持ってる人がいい教育を受けれることになります。

バンクーバーの学校事情

カナダはアメリカと文化的に近いこともあり学校事情は似ています。住む地域により通う学校がきまりますし地域によって学校のランクも違います。バンクーバー市は私立の小学校が多数あることもあり、アメリカのシリコンバレーほど露骨に家賃と学校のランクが結びついているわけではないですが、バンクーバーエリアでも公立小学校のランキングが高いWest Vancouverは家賃もお高くなっています。

ここでは学校のランクの調べ方と家の探し方を合わせて紹介し、できる限りベストな選択をできるようにします。

ブリティッシュコロンビア小学校・中学校ランキング

BC州の小学校のランキングは下記でみることができます。

http://britishcolumbia.compareschoolrankings.org/elementary/SchoolsByAreaMap.aspx

緑、黄、赤で色分けされているので結構生々しいですね。バンクーバー市は公立よりも私立の学校のほうがいい傾向にありますね。高級住宅街のWest Vancouverは公立でもいい学校が多くそろっています。

他の州の情報や中学校の情報は下記のトップページからたどれます。
http://compareschoolrankings.org/

オンタリオ小学校・中学校ランキング

同じサイトですが、トロントを含むオンタリオの小学校ランキングです。
http://ontario.compareschoolrankings.org/elementary/SchoolsByAreaMap.aspx

学区・School Districtを調べる

次に、住む場所を決めるためには厳密に、その住所がどの学校と連動しているかを確認する必要があります。学区の定義は各市(VancouverとかBurnabyとか)が定義していますので、住みたい市の名前 + “School District Boundary”といったキーワードで検索をしてみてください。例をいくつか紹介しておきます。

Vancouver
https://www.vsb.bc.ca/School/directory/Pages/Default.aspx
http://mybaragar.com/index.cfm?event=page.SchoolLocatorPublic&DistrictCode=BC39

West Vancouver
https://www.westvancouverschools.ca/wp-content/uploads/2015/08/WVSD-School-Boundaries.pdf

Burnaby
https://burnabyschools.ca/elementary-school-addresses/
(school locatorから)

学校の定員に注意

実際いい公立学校があるエリアにちょうどいい物件があって引っ越したとしても、その学校に確実に入れるわけではありません。学校には定員があり定員オーバーする場合は学区外の学校に行かないといけなくなる場合があります。
バンクーバー市の公立の学校の場合は隣の学校に行くとなると大きくランクも変わったりしますので、その点は注意してください。上の子が既にその学校に通っているなどする場合はその学校に入りやすくなります。

家探し

家探しは基本的にはCraigslistで地図を見ながら探すのがわかりやすくておすすめです。Craigslistを使った部屋探しはこちらにまとめていますのでご参考までに。

シリコンバレーでの家探しと学区問題

駐在や転職などでシリコンバレーに行かれる方はかなりおられると思います。お子さんがおられる方にとって住居選びは子供が通う学校・学区に直結し非常に重要ですので家探し、学校選びのポイントを紹介します。

アメリカ学区問題

アメリカの公立の小学校は住んでいる地域によりどの学校に通うか定められています。これだけ聞くと日本も同じで普通に聞こえますが、アメリカの場合は公立の学校であっても、学校の予算、教員の質、教員の数、授業時間(予算や教員の数に連動)が変わってきます。当然みんな学校のいい地区に住みたくなるのですが、当たり前のように学校のいい地区の住宅の相場は高くなります。 アメリカの場合公立の学校であってもお金を持ってる人がいい教育を受けれることになります。

サンノゼ地域の学区と家探しについて

アメリカの学区は社会問題にもなっていますがSan Joseを含むサンフランシスコベイエリアでも同じで、住む場所によって通える小学校のランクが変わってきます。
アメリカは日本よりもはるかにダイバーシティがある国で、小学校が変わるとその雰囲気もガラッと変わったりするので注意して選びたいところです。

ここでは学校のランクの調べ方と家の探し方を合わせて紹介し、できる限りベストな選択をするようにします。

学校ランキング

下記のようなサイトで学校のランキングを調べることができます。
(右上にある1-25の部分を操作すると下位のランキングの学校も見れます)

https://www.niche.com/k12/search/best-public-elementary-schools/?centroid=37.40407,-121.86644,37.3181,-122.07266&map=true

上位から下位を見比べるといろんな学校があることがわかりますし、トップクラスの学校はPalo Altoに多数ありますし、CupertinoはAランク学校がかなり集まっています。一方でSan Joseのダウンタウンのほうに行くとランキングのいい学校が少なくなってきます。

ランキング評価基準

学校の評価基準はいくつかありますが、日本のように学力テストだけでランキングを決めているわけではありません。もちろん学力も重要な要素ですが、Academic(学力), Diversity(男女比率・人種等の多様性), 教育・教師の質/量を総合して決めています。
上で紹介したサイトでも各学校に関する詳細な情報がまとめられているので気になった学校があれば掘り下げて調べてみてください。

学区・School Districtを調べる

次に、住む場所を決めるためには厳密に、その住所がどの学校と連動しているかを確認する必要があります。学区の定義は各市(San JoseとかCupertinoとか)が定義していますので、住みたい市の名前 + “School District Boundary”といったキーワードで検索をしてみてください。サンノゼエリアの例をいくつか紹介しておきます。

San Jose
http://apps.schoolsitelocator.com/?districtcode=25499

Cupertino
https://streetlocator.cusdk8.org/

Santa Clara
https://www.schfinder.com/SantaClaraUSD/

シリコンバレーでの家探し

家探しは基本的にはCraigslistで地図を見ながら探すのがわかりやすくておすすめです。Craigslistを使った部屋探しはこちらにまとめていますのでご参考までに。